Contents

About

check

check image 絵の記事 Circle Work List memo

web clap

WEB拍手

Contents

記事一覧

  • 05.02
  • 2009
  • sat
0

Ustreamでテロップを流す方法。
「ManyCam」を使う方法が有名ですが、
じつは、公式のコンソールでも
テロップ操作(画面に文字を流す)ができるそうなんです。

ひとさまに教わるまで、まるっきり気づきませんでした;;
似たような方がいるかもなので、書いておきます。

公式コンソール

公式コンソール

↑配信するときの公式コンソール。操作パネルです。
下にずらっといろんな操作項目がでますので、
「Text&Videos」をクリックします。

そうするとこんな画面

そうすると、このような操作画面がでます。
まずは「Add」か、「New Text Layer」から
あたらしいテキストテロップを追加します。
すると、サイズやフォント、文字をスクロールをさせるか、
などなど項目がでますので、そこで設定。
設定ができましたら
今度は、右にある「Add」をクリックします。

そうすると以下のような画面が
でてきます。文字での説明がむずかしいので、
画像に書き込んでおきました。

ここがわかりにくいところ

「Show preview」で、どんな状態かを確認し、
場所や色などを調節、これで配信するぞ!ときめたら、
「Push on air」で反映させます。
これでテロップが、配信にのりました。
配信から消したいときは、さっきの「Push on air」の場所が
「Take off air」になってますから、それをクリックしてください。
ちなみに複数、テロップをのせることも
できるそうです。

わたしの環境だと、テロップの流れる幅や
場所の移動のやり方が、今のところよくわからなくて、
最大化して、一番うえにだけ流してます。

この記事の頭へ